池田泉州ホールディングス 池田泉州システム www.is-system.co.jp

会社概要 
商品・サービスシステム開発業務受託給与計算諸データ入力販売全銀データ作成システムアクセスログ管理パソコン・周辺機器ホスティングサービスディスクのデータ消去ネットワーク構築 
採用情報 
お問い合せ 
HOME 


個人情報保護方針 
個人情報の取扱いについて

特定個人情報等取扱方針

情報セキュリティ基本方針

プライバシーマーク

ISMS
本社、三田事業所(運用部)

アクセスログ管理
 
FSAのご案内

◆ ファイルサーバのアクセスログを管理

 File Server Audit(ファイルサーバオーディット)は、 Windowsファイルサーバ上の
各種ファイルに対するアクセスログの管理を行うソリューションです。
 導入から運用まで非常に容易に行うことができます。

 現在主流のアクセス制御を行う製品は不要という場合でも、万が一の際にどのファイル
に、どのような操作を行ったかというログを管理しておく必要があります。

 ”業務効率に影響を与えたり運用が面倒なソリューションはいらないがファイルサーバ
のログだけはきちんと管理しておきたい”、”できるだけ低コストでセキュリティ対策を行な
いたい”というお客様に最適のソリューションです。

クライアントPCからWindowsファイルサーバへ流れるパケットをミラーポート機能付きの
ハブでミラーリングすることでログを取得します。

製品機能
製品特徴

運用スキルが不要

 いつ、誰が、どのファイルに、どのような操作を行ったかという事が一目でわかる形式
で出力されますので、特別なスキルを習得する事なしに、ファイルサーバのログを管理
することができます。
 Windowsの監査ログでもログは取れますが、わかりづらく検索機能もありませんので、
いざログが必要となった時に迅速に情報を探し出すことができません。

クライアントソフトが不要

 クライアントPCごとにインストールや個々の設定は不要です。
 管理者がクライアントPC一台一台にソフトをインストールしたり、アカウント毎にアクセ
ス権限の設定を行う必要はありません。

既存システムに影響なし

 ネットワーク監視型ですので、導入することによって既存のファイルサーバやシステム
に影響を与えません。

パフォーマンスに影響なし

 Windowsの監査ログでログの管理を行おうとする場合、大量にログが出力されること
によってファイルサーバにかなりの負荷がかかり、パフォーマンスの劣化が懸念され
ます。
 File Server Auditはネットワーク監視型ですので、ファイルサーバには一切負荷が
かかりません。Windowsのファイルサーバに標準の監査ログと比較して、ログのサイズ
が1/100から1/1000となります。

動作環境

O                  S

 Windows server 2003 / 2008 (各SP1,SP2,R2)
 Windows 7

C        P        U

 Intel Core2 Quad 以上推奨

メ        モ       リ

 2G以上

H        D        D

 10G以上の空き容量
 ※別途追加でログを保存するスペースが必要

ネットワークカード

 2枚(パケット収集用とログ閲覧用)
 ※Intel Server Adapter推奨

開発元

株式会社 NSD

お問い合わせ先

TEL: 072‐750‐2550 / E-Mail: info@is-system.co.jp
担当: 営業部

 

▲ページTOPへ

     ※ 推奨ブラウザ:Internet Explorer 5.5 以上・Netscape Navigator 4.6 以上
COPYRIGHT 2003(c) by Senshu Ikeda System Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.